リフォームに関する情報サイト

営業担当の対応も重要

営業担当の対応も重要 リフォームを依頼するなら、営業担当の対応も確認しておきましょう。リフォームを行う会社で、最初にかかわることになるのが営業です。一見工事とは無関係に見えますが、その対応により会社の考え方も透けて見えてきます。
まず担当の対応が悪ければ、その会社を信頼することはできません。リフォームを行う上で、話し合いをする場面も多く出てきます。しっかりと話しを聞いてもらったうえで、決めていく部分を決めていく必要があります。十分に話を聞いてくれない担当だと、工事の仕上がりにも影響が出てきてしまい問題を感じることになります。また、基本的なことですが笑顔や親切な対応はとても重要です。笑顔で接してもらうことで、気分よく対応することができます。客商売の基本として笑顔に注目してみてください。親切で、工事を行っている間にも顔を見せてくれる担当であれば気になったことを気軽に相談しやすいです。利用しやすい会社であるためにもこだわってみましょう。

着工前に契約解除する場合

着工前に契約解除する場合 マイホームのリフォームを専門的な技術をもつリフォーム会社などに依頼をする場合、まずは会社のスタッフに該当する箇所をチェックしてもらい、打ち合わせをした上で費用がどれくらいかかるか見積もりを出してもらうのがふつうです。この見積もりに納得ができれば契約書に署名捺印をして正式に契約を成立されます。そして会社の側では契約にしたがって工期内に決められた工事が完了するように計画を立て、職人のスケジュールや資材の手配を済ませた上で着工となります。
もしも何らかの事情で着工前にリフォーム工事の契約解除をしたい場合ですが、一般には契約書に記載されている条項にしたがって、依頼主のほうに違約金を支払う義務が生じます。おそらくは契約金額の数パーセントといった具体的な目安が最初から条文に含まれているはずですので、契約書をいま一度見直してみることがたいせつです。契約書のなかに違約金の条項が明示されていなかったとしても、リフォーム会社が準備のためにかけた費用などの損害賠償には応じる必要があります。

新着情報

◎2021/5/27

口コミもチェック
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

リフォームで納期遅れになった場合
の情報を更新しました。

◎2021/1/29

サイト公開しました

「リフォーム 営業」
に関連するツイート
Twitter

ポジトークを混ぜて言うと 完全内需のリフォーム系は、中国の不動産市況減速により健在価格が落ち着くと営業利益率は改善するんじゃないかな

これはマジな話なんですが、リフォーム会社へ新規開拓の営業して清掃の仕事をもらうには、こちらから先にお客さんを紹介すると良いです。たとえば原状回復工事が出来る業者を探してる大家さんを紹介するなど。向こうからしたら、ラッキーですよね。 続

連絡がクソだったリフォーム業者、ここで現地工事の担当者に変わった途端にコミュニケーションの質が向上。 営業のコミュニケーションの悪さは相変わらずです。

リペースのブログは見ていただけたでしょうか? 営業に関するブログから事業用ブログに事業に関係ない記事もありますが、基本的にはリフォームやカラオケバーのことをお話ししています! ホームページからご覧になれますのでお時間あれば覗いてください!

キッチンリフォーム1日目無事終了。職人さんも営業さんもテキパキいい仕事振り。 唯一気にくわないのが、養生シートの色合いね😒