リフォームに関する情報サイト

リフォームでよくあるトラブル

リフォームでよくあるトラブル リフォームをすると建て替えに比べて、費用を抑えながら家をより美しく丈夫にすることができます。多くの人が工事をして満足を得ていますがときにはトラブルが発生することもあります。
リフォームのトラブルでよくある事例としては、工事の質が良くないことがあげられます。費用は安く抑えらえるほうが良いといえますが、ただ安さだけで選ぶと技術力の低い業者にあたってしまう可能性もあります。費用だけで決めてしまわずに、信頼性の高さや実績は良く調べておきましょう。このほかでは、工事が予定通りに進まず大幅に遅れてしまうという例もあります。さらに工事中は、音の発生もありますが、近隣にきちんと挨拶をしていない場合は、騒音などでクレームがくる場合もあります。こうしたことを避けるためには、近隣への配慮もしっかりと行う業者を選ぶことが大事です。理想の仕上がりにならないという場合もありますが、これは打ち合わせをきちんとしていないことで発生することが多くなっています。打ち合わせをするときは、時間をかけること、内容はメモに取るなどして綿密に行いましょう。

リフォームもクーリングオフ

リフォームもクーリングオフ 訪問販売のクーリングオフと聞くと美術品を返却する印象が強いですが、リフォームにおいても行使が可能です。突然の販売員の強引な訪問も考えられますが、知人の知人に畳からフローリングへ変更しようと思うという話をしたら工事をおこなう契約に化けていたという場合が想定できます。
契約の説明もそこそこに、押し入れをクローゼットにしたらどうだと勝手に話が進んでいて、その場で断れなかったとしても、クーリングオフを行使する形で契約を解除できます。もう少し考えたいと何度も言うなど、購入の意思が明らかに薄いのに販売側が強引に契約を結ばせた場合に相当すると判断される可能性があります。フローリングへの変更から逸脱した、クローゼットの件は特に該当する可能性が高いです。工事内容の説明が不十分であったり、必要な金額が提示されなかったり、法定な契約書面を渡さずにリフォーム工事を進めていたら、消費生活センターに相談することも大切です。法定な契約書面を受け取ってから8日間であれば、無条件に解除できると特定商取引法で定められています。1日目の考え方が契約書面を受け取った日なので注意が必要ですが、8日目の考え方は消印日なので相手の受け取りが遅れても問題ありません。行使は書面でおこないます。
コピーを残す以外に書留を利用するか、できれば内容証明をつかうことが大切です。

新着情報

◎2021/5/27

口コミもチェック
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

リフォームで納期遅れになった場合
の情報を更新しました。

◎2021/1/29

サイト公開しました

「リフォーム トラブル」
に関連するツイート
Twitter

最近、リフォームトラブルの相談が増えました。 明らかに技術不足で起きた問題も多く、請負会社の無責任さに驚いています。資格がない職人仕事だからこそ、厳しい修行をして技術を得た人が施工する会社に依頼しないと大変なことになるかも・・40代を越えた親方でも技術がない者が多くなっています。

仙台の雨漏り修理サービスをお探しなら【株式会社レガシーホーム】まで!雨漏りによる屋根・玄関・窓・天井を低価格にて修理いたします。原因をすぐに突き止め最小限のリフォーム・補修・修理方法で雨漏りトラブルを解決します。

リフォームトラブルで、施工会社の顧問弁護士が合意書を送付してきた。でも、その後、自らが提出した合意書の内容を、更に施工会社に有利な内容で変更してきた。合意書を出した後、内容変更する事って、普通やらないですよって法律相談の弁護士の先生が言っていた。やっぱり、許せないよ!

仙台の雨漏り修理サービスをお探しなら【株式会社レガシーホーム】まで!雨漏りによる屋根・玄関・窓・天井を低価格にて修理いたします。原因をすぐに突き止め最小限のリフォーム・補修・修理方法で雨漏りトラブルを解決に導きます。

おそらく今日リフォームしてた隣の部屋だと思うんだけど、ずっと水が下水を流れる音がしてて眠れない。 明日早番なのに。 管理会社の緊急コールに電話しても明日の日中対応になるの繰り返し…。 別に俺は隣だからまだいいけど下の階への水漏れなんて事になったら更に大きなトラブルになるのにね。